▲TOPへ戻る

link
sitemap

 

■ 拡大床治療

6歳の頃から前歯の永久歯への生え替わりが始まります。永久歯は乳歯の1.5倍くらいの大きさがあるため身体や顎の成長が伴っていない場合にはきれいに並ばないことが多くあります。 生え替わりが早ければ早いほどきれいに並びにくくなるのは普通に考えれば当たり前のことです。あとで身体や顎が大きくなっても一度乱れた歯ならびが自然にきれいになることはないので、 この前歯の生え替わりの時に顎の成長を促してきれいに並べるのが拡大床治療です。この拡大床治療を当院で受けてきれいな歯ならびになったお子さんが多くいるのでその話を聞いて拡大床治療を希望 される患者さんが多くいますがこの治療ですべてのお子さんがきれいな歯ならびになれるわけではないので、事前にネットなどでよく調べてから来院されることをお勧めします。
 

拡大床治療の評判

当院で拡大床治療を受けられた方の評判はそれ程悪くないと思いますがネットなどで「拡大床治療」で検索するとあまり評判は良くありません。 先ずはこれらの記事をよく読んでいただくことをお勧めします。
 

拡大床治療の歴史

拡大床治療は以前よりヨーロッパを中心に行われていた治療法であり、いろいろな形の装置が用 いられていましたがそれらを整理し治療目標に応じてまとめたのがウィーンの歯科医シュワルツで あり1938年に一冊の教科書にまとめたことでシュワルツの装置と呼ばれるようになりました。社 会福祉の充実したヨーロッパの各国では家庭で簡単にできる矯正治療法として広まり、北欧など 自然環境が厳しい地域では通院回数が少なくて済む拡大床治療が一般開業医で保険診療として多 く行われるようになりました。一方アメリカでは永久歯を抜歯してスペースを作り歯を画一的にキ レイに並べる方法が確立され主流になっているため拡大床治療のように時間がかかり患者の装着 状況によって治療結果が左右するような治療が行われることがありません。日本の歯科矯正治療 学は歴史的にアメリカからの流れで発展してきたため矯正歯科専門で治療を行っている先生方の 間では拡大床治療はあまり勧められていないのが現状です。簡単に云うと歯を抜かずに時間をか けて治療をするのがヨーロッパ的で、歯を抜いて短期間で完璧にキレイに歯を並べるのがアメリ カ的と言えます。
 

当院で行う拡大床治療の特長

日本で行われている拡大床治療にも色々な方法がありますが当院での特長は最初に永久歯に生え 替わる上下4本の前歯を奥歯の生え替わりが始まる前までに顎を拡大してスペースを作りきれいに 並べることです。そのため拡大床治療の期間は小学校1年生頃から4、5年生頃までの間に限定 しており、それまでに目的が達成できない場合には別の治療法に移行します。ゆっくりスペースを 獲得するようにしているのも特長で2週間に1回ネジを回すようにします。ゆっくり進めることで 治療期間が長くなりますが後戻りは少なくなります。治療開始時期が大切ですので時期を逸した 場合には拡大床治療は行いません。一般的に拡大床治療の評判が悪いのは開始時期が遅く、いつ までも治療を長引かせ治らないことによるものが多いようです。 拡大床治療はスペースを作って永久歯がならぶスペースを作ることが目標ですので細かい歯の向き や角度まで整えられないこともあります。そのため後に別の矯正治療が必要になることもありま す。
 

拡大床治療の開始時期

拡大床治療で顎のスペースを拡げられるのは11歳くらいまでです。そのため個人差はありますが遅くても小学校2年生までに始めなければなりません。下の前歯が生え替わりはじめた頃から下の前歯が4本、上の前歯が2本生え替わる頃までが始め時です。すでに上下4本とも生え替わってしまった場合にはすでに遅いことが多くあります。
      治療時期上         治療時期下
 

拡大床治療の進め方

  • レントゲン撮影を行い歯の生え替わりの進み具合や位置、先天欠如などがないかなどを調べま す。
  • 装置を製作するための歯型を採ります。はじめは吐きそうになって採れないお子さんも多くい ますがトレーニングをしていけばほとんどのお子さんができるようになります。
  • 装置ができてきました。自分で脱着できるように練習します。装着する時間はお家にいるとき で学校や塾には着けていきません。食事の時も外しておきます。夜寝ているときが一番大切です ので夕食が終わってからは装着しておくようにします。
  • 2週間に一度、自宅で拡大ネジを回してもらいます。2~3ヵ月にⅠ回来院してもらい装置の調 整を行います。
  • いつも口を閉じ、鼻呼吸をおこない、舌を正しく使ってお話ししたり飲み込むことが大切です。 正しい口腔機能が身についていないときれな歯ならびにはなりません。装置の調整に来院したと きに正しい口腔機能の訓練を行います
  • 上下の4本の前歯がきれいに並んだら拡大は終了です。後戻りが起こらないように夜間の装着 は続けてもらいます
  • 奥歯の生え替わりが進と装置を装着できなくなるので固定式の装置に変更し、4ヵ月にⅠ度の 定期健診に移行します
  • 最後の奥歯が生えてきたらすべての拡大床治療は終了です。この時でおおよそ中学2年生頃に なっており、このように治療期間が長くなるのが特長ですのであらかじめご理解してから始めて 下さい。

進め方1

進め方2

進め方3

進め方4

進め方5

進め方6

進め方7

進め方8

進め方9

進め方10

進め方11

進め方12

進め方13

進め方14
 

拡大床治療の費用

拡大床治療に使用する装置の装着時に170,000円の費用がかかります。その後の調整費はⅠ回3,000円から5,000円程度かかります。 むし歯治療や口腔機能訓練などは保険診療でカバーされますのでそれらの治療が必要な時は保険診療になります。 別の矯正治療が必要になった場合は別料金になり、おおよその治療費は別表のようになります。 歯ならびの相談で矯正専門の歯科医院に行かれた方はもっと高額の治療費の提示があったと思いますが、 治療の目的や目標が異なりますので治療費だけを比較して医院を選択することはお勧めできません。 矯正治療では短期間で集中的に治療が行われることが多いので、おこさんに完璧を求めるご家庭や治療期間に制限のあるかたは 矯正歯科専門の医院を受診されることをお勧めします。
 

拡大床治療でできること、できないこと

拡大床治療ではすべての歯がきれいに並ぶように顎の成長を促すことが目的ですので細かい歯の 位置や角度までは調整できません。また歯が大き過ぎる場合には口の中で歯が目立ちすぎること になる場合もあります。日本人を含めたアジア系の骨格には特長があり、ヨーロッパ系の顔立ち とは基本的に違っていますが上下の歯を抜いたりすることでそれに近づけることもできます。矯正 専門の歯科ではそのような目標を立てて治療を行うことが多く、そのために4本の永久歯を抜歯 することもあります。拡大床治療ではすべての自分の歯でしっかり噛めることを目標にしています ので口元のきれいさを目的にする治療とは異なります。歯を抜いて口元をきれいにするのは大人 になってもできる治療ですので、親としては先ずはすべてのお子さんの歯を使ってきれいに歯をな らべることを優先すべきで、あとで本人が口元が気になるというのであれば本人の意志で歯を抜 いて矯正治療を行うべきであると言うのが私の考えです。
 

拡大床治療への誤解

拡大床治療は矯正治療ではありませんので完璧にきれいな歯ならびにできるわけではありませ ん。また治療期間も長くなり期間限定の治療法ですので小学校の高学年になってから始めるのに は向いていません。また拡大床治療で歯がならぶ顎の骨が拡がりますがエラが張った大きな顔に なるわけではありません。歯を支える骨は歯槽骨、下顎全体は下顎骨と言って解剖学的は別の骨 です。エラが張った大きな顎になるのは遺伝的な要素や伵む力が大きく影響します。拡大床治療を 行ったからといって顎全体が大きくなるわけではありません。
 

拡大床治療を勧められない方

拡大床治療をいままで数多く行ってきましたが、思うような結果が得られなかったこともありま した。結果的にお子さんに申し訳ないことになってしまい、そのようなケースを思い返すと以下 の様なご家庭では拡大床治療は勧められないと思っています。
  • お子さんの歯ならびと口元に完璧を求めている
  • 長期にわたる通院ができない
  • 鼻閉があって鼻呼吸ができない
  • お子さんが毎日きちんと装置を装着していることを管理できない
  • 他に優先しなければならい事が多くあって定期的に通院できない
  • 矯正治療と拡大床治療の違いが理解できず費用だけに魅力を感じている